法人用印鑑について

法人印の役割

代表者印

法務局へ届け出し、印鑑証明が発行される、いわば会社の実印です。重要な契約書など、法的な権利・義務を証明します。

銀行印

銀行に届け出し、小切手・手形など振り出すときに使用する印章です。
代表者印と兼用する場合もありますが、銀行印は頻繁に使用することになるので、代表者印とは分けた方が無難です。

社印・角印

法律的に義務はありませんが、官公庁・上場企業との取引の場合、捺印を求められることが多くあります。
請求書・領収書などの他、あらゆる書類の信用度を高めます。
法人・団体等の認印として、幅広く使用されます。

書体について

(当社では、代表的な3書体をお奨めしております。)

篆書(てんしょ)体

この書体は、紙や筆が発明される以前、石に文字を刻んで情報を伝達した時代に生まれました。
非常に歴史のある彫刻専用の文字ですので、印章にも適しています。

印相(いんそう)体

篆書体を元に、線を曲げ八方に広げ、線を力強く太くした占いの要素の入った文字です。
この印相体で彫ると、文字は非常に判読し難くなりますが、印影がどっしりと迫力のあるものになります。
縁起の良い吉相体とも言われ、一番人気のある書体です。
印相体をご希望の場合は、サヤなしのズンドウ印材となります。

古印(こいん)体

日本独特の文字で、出来合の印鑑に多く用いられている書体です。
以前は篆書体と並んで、実印にもよく用いられたようです。3つの書体の中で一番判読しやすい書体です。

彫り方とサイズについて

代表者印

代表者印は、見本のように回し彫り(二重丸の外側に「屋号・会社名」、内側に「役職名」を彫刻)が一般的です。
サイズは直径18mmが一般的です。

篆書体
篆書体
印相体
印相体
古印体
古印体
銀行印

一般的には代表者印との区別がしやすいように縦彫りで、左右に「屋号・会社名」、中央に「役職名」を彫刻します。
2行に分けると都合の悪い場合や、会社名が長い場合は代表者印のように回し彫りにして、代表者印とは区別出来るよう、内側に「銀行之印」と彫刻します。
サイズは直径18mmが一般的です。

篆書体
篆書体
印相体
印相体
古印体
古印体
社印・角印

正方形の枠の中に「屋号・会社名」を彫刻します。
全体のバランスを整える為、「屋号・会社名」の最後に「印」や「之印」などを入れることもあります。
サイズは24mm角が一般的です。

篆書体
篆書体
印相体
印相体
古印体
古印体

PageTop