印鑑豆知識

「実印」って、どんな印鑑のことですか?

 実印とは、住民票のある役所に登録した印鑑のことを言います。個人の証明に使う、もっとも大切な印鑑とも言えます。個人の契約などに使い、印鑑登録証明書と共に使用します。
一般に直径15mm前後の象牙・黒水牛・オランダ牛などの耐久性の高い印材を使用します。登録の方法は、各市町村の条例により若干の違いはありますが、直径8mm〜24mmで、本人の姓名と確認できれば、「姓」あるいは「名」どちらかでも登録できます(フルネームが一般的)。ゴム・プラスチックなど、容易に変形が生じるものや、大量生産の同形印章などは登録できません。印鑑登録証明書も登録した役所で発行してくれます。
書体としては、印相体や篆書体が、よく使われます。

「銀行印」って、どんな印鑑のことですか?

  厳密に言うと、個人用の印章は実印以外はすべて認印になりますが、一般に銀行取引専用にする認印のことを銀行印と言います。直径12mm前後のものがよく使われ、実印同様ゴム印や変形の著しい印材は、認められないことが多いので使わない方がよいでしょう。
書体としては、印相体や篆書体が、よく使われます。

「認印」って、どんな印鑑のことですか?

  物を受け取った証や、職場で何かの確認をした時などに使用します。普段一番よく使う印鑑です。それだけに耐久性のある印材が良いでしょう。認印は登録の必要はありませんが、欠けやすい認印を使用し、欠けるたびに買い替えていたのでは周囲の混乱を招きますし、認証の意味も薄れます。第一、経済的ではないですね。会社内で使用する場合は、上司のものよりも小さ目のサイズが無難でしょう。
書体としては、古印体が、よく使われます。

会社を設立するときに必要な印鑑はどんなものですか?

まずは、「代表者印と住所判」です。代表者印は法務局へ届け出をし、印鑑証明が発行される、いわば会社の実印です。住所判は登記されている住所と一文字でも違うと認められません。ただのスタンプと思って軽い気持ちで作ってしまうと、漢数字とアラビア数字の違いだけで認められなかったということはよくあります。作成時には必ず書面を確認してその通りの表記で作成します。また、登記書類上でビル名などが抜けている時には、取り外しの可能な、組み合わせ(ユニット)式のゴム印にして、必要に応じて使い分けできるようにしておくと便利です。

その他に、銀行印や社印(角印)も準備されることをお勧めしておりますが、法律的な義務はありません。銀行印は、代表者印と兼用にすることも可能ですが、頻繁に使用する銀行印は代表者印とは分けたほうが無難です。角印はスタンプでお値打ちにお作りするのも一つの方法だと思います。当社ではブラザー角型印もお取り扱いがございます。会社の規模やお取引先に応じてご検討ください。

それぞれの印鑑には、どんな書体が向いているのですか?

  印鑑の書体には、特に決まりはありませんが、それぞれの用途にあった書体を選ばれる方がほとんどです。たとえば、実印には偽造しにくい複雑な書体である印相体や篆書体。認印には、誰もが読み易い古印体などがおススメでしょう。

カタカナやアルファベットでの彫刻は可能ですか?

  はい、可能となっております。ただ、一部の役所や金融機関では、カタカナやアルファベットでの印鑑の登録ができない場合がございますので、ご確認後、ご注文いただいた方がよろしいかと思います。

印鑑に詰まった朱肉やゴミを印面を傷つけず取り除く方法は?

  使用後はそのつど印面をガーゼなどで拭くようにして下さい。朱肉が詰まってしまったら、先の柔らかな歯ブラシなどで軽く擦ってください。印鑑の保管は、虫食いやひび割れを防ぐために、印鑑を使用後はケースに入れて冷暗室に保管し、直射日光や暖房器具の近くに置かないよう気を付けましょう。

印鑑の縦彫り・横彫りには、なんか意味あるの?

  ほとんど意味はありません。所有している印鑑が多くなってきて、見分ける為に横彫りにされる場合はありますが、当店では基本的に縦彫りをオススメしております。その理由は、印鑑の歴史は古く、ご存知のように日本語の表記が右から左に向けて 書かれていた頃からありました。 よって、印鑑も横に彫る場合はそのように彫られていました。左から右に 書き方が変わり始めた頃にも、「中田」と「田中」や「中山」と「山中」など、 解りづらいケースがあるので右から左に統一されて来たのです。 しかしながら、右から左への表記の仕方がほとんどない現代では、右から左への書き方自体が解りづらいので、当店では縦彫りをおススメしています。

結婚すれば実印がいるのですか?

  婚姻届は「実印」以外でも受け付けてくれますが、世帯主ともなれば、不動産売買・賃借証書作成・保険・・・などの実印が必要になる場面が数多くあります。
より多くの社会的責任が増える大切なこの機会に、心機一転、納得のいく相応しい印章をつくるのも良いでしょう。

認印ぐらいなら、どんなものでもいいんでしょ?

  認印といえども、捺印には社会的責任が伴います。既成のものや、シャチハタ印などを良く見かけますが、認印とて、「自分の証」。同形印章が良いとはとても言えません。軽い気持ちで捺印して、後で重大な責任を負わされる・・・というのは、よくある話です。

象牙のはんこを見かけますけど輸入禁止だったのでは・・・?

  象牙は高級印鑑材料や宝飾材料として密輸などが跡を絶たなかったため、1989年から取引停止となっていました。が、その後ワシントン条約の委員会の判断によ り、2007年から日本のみに限り、象牙管理体制が整ったとして、ボツワナ、ジンバブエ、ナミビアの3カ国で保管されている象牙に限り輸出が再開されました。これにより、国内の印鑑店を含む全ての業者での象牙取引は厳密に管理されること となりました。 限定解除となった背景には、アフリカ現地では象は畑を荒らす害獣として捕らえられており、取引禁止により象の資源的価値が認められなくなり、却って安易な 処分をあおっている、という意見があった模様です。死んだ象から取られる象牙 という自然資産を使って、生きている象の保護を行おうという発想で、取引で発 生する資金の一部で基金を作り、アフリカ象全体の保護に使われます。
この象牙管理体制は環境庁/通商産業省によりおこなわれており、象牙を販売するにあたって認可が必要となりました。もちろん星光堂の象牙は環境庁/通商産業省の認可を受けたものであり、当店の象牙の印鑑には、環境庁/通商産業省の認定マークが付いてきます。

PageTop